2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

ソニー

2015年4月15日 (水)

RX100の後継機はフォーサーズセンサーを搭載するかも

SONY Alpha Rumorsが伝えるところによると、RX100の後継機はLX100と同じぐらいのサイズのセンサーを採用するとのこと。SR4なので信ぴょう性は結構あるようです。

ソニーの製品リストにフォーサーズのセンサーが2つ新たに追加されたようなので、この内のどちらかが使用されるのではないかとのことです。

1600万画素と2000万画素なので1600万画素でお願いしたいですね。この大きさのセンサーで2000万画素あってもデータが大きくなるだけであまりメリット無いですから。

http://www.sonyalpharumors.com/sr4-sony-will-launch-a-new-rx-camera-with-lx100-similar-sized-sensor/

2014年11月20日 (木)

α7IIの実売初値は¥184,560で、発売日は12/5

本日発表されたソニーの新型フルサイズミラーレスカメラα7II (ILCE-7M2)ですが、既にカカクコムに値段が出ていて¥184,560です。初代α7は¥134,820だったので、5万円ほど高いですね。
しかし、MFレンズを多数所有する人には5軸手ブレ補正はかなり魅力的だと思います。+5万の価値があるかもしれません。

http://kakaku.com/item/K0000717585/

ソニーがα7IIを正式発表!

噂に出ていたα7II (ILCE-7M2)ですが、早速ソニーが正式発表しました! 5軸ボディ内手ぶれ補正については、このブログで実現性に疑問を呈しましたが、しっかり実装されています。これはかなり物欲を刺激する逸品ですね。値段が気になります。

http://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-7M2/index.html?s_tc=jp_ml_fol_ichigan_e_20141120a_003

SONY α7後継機はボディ内手ぶれ補正を内蔵か?

さまざまなソースでSONY α7の次期型はボディ内手ぶれ補正を内蔵するという、情報がリークされています。本当だったらかなり欲しいです。しかし、ボディ内手ぶれ補正というのはフローティングさせたセンサーを動かして実現するのだから、止まった状態でマウント径がぎりぎりのFEマウントで、本当に可能なのか? という疑問もあります。正直いいって今の段階では半信半疑ですね〜

http://digicame-info.com/2014/11/7iiilce-7m2-1.html

2014年11月 9日 (日)

SONY FE 16-35mm f/4のDxOスコアが発表される

Screen_shot_20141109_at_30837_pm
総合スコアの26はそれほど悪くないですが、肝心のSharpnessが16P-Mpixです。ローパスレス3600万画素のA7Rにつけて、この解像度ということは、かなりぬるいレンズですね。値段を考えるとがっかりな性能です。FE小三元である程度まともな解像度があるのは、70-200mmだけですね。あとは、1200万画素のSでは良くても、3600万画素のRでの利用には向かないでしょう。
A7RのユーザーはニコンAF-S 18-35mmが軽くてシャープなので、コイツをマウントアダプター経由で使うのもありかもしれません。

http://www.dxomark.com/Lenses/Sony/Sony-FE-Carl-Zeiss-Vario-Tessar-T-STAR-16-35mm-F4-ZA-OSS

2014年9月17日 (水)

SONY Zeiss FE16-35mm F4の店頭価格は税込み¥139,850

ソニー Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS [SEL1635Z]

発売日:11月7日
¥139,850(税込) 
http://shop.kitamura.jp/pd/4905524989182/


ソニー FE PZ 28-135mm F4 G OSS [SELP28135G]
発売日:12月下旬
http://shop.kitamura.jp/pd/4905524991512/
¥265,230 (税込) 

SONY FEマウントのロードマップが更新される

Sony_fe_lens_roadmap_2015_small_z_2
すでに発表されている広角ズームVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Zの発売日は11/7で、価格は税別15万8,000円。動画向けパワーズームFE PZ 28-135mm F4 G OSS SELP28135Gの発売日は12月下旬で、価格は税別30万円。

その後は便利ズームのFE 24-240mm F 3.5-6.3 OSSが出るようですが、24-70 F4の写りを考えるとあまり期待できないかもしれません。240mmでF6.3ということはタムロンの28-300よりちょっとコンパクトになるのでしょうか? 無理せず28-200とかである程度まともに写るヤツのほうが良いような気がします。結局まともな写りのズームは重いのでボディとのバランスが悪くなる。ズームを出すなら低倍率ズームを中心に出したほうが良いんじゃないかな? と思いますけどね。

その次に出る予定のFE 28mm F2 は専用のワイコンとフィッシュアイコンバーターも出るようです。これはなかなか期待できそうな気がします。

2014年9月16日 (火)

SONY FE 16-35mm F4が正式発表される。

6727970877

フルサイズEマウント最後の一本Sony Zeiss Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSが正式に発表されました。

重さ518g、フィルター径、72mm、手ブレ補正付き、フルタイムマニュアルフォーカス。どんな描写をするのか楽しみです。

http://www.dpreview.com/articles/4552745426/sony-rolls-out-zeiss-fe-16-35mm-f4-wide-angle-zoom-and-hvl-f32m-flash#specs

2014年9月15日 (月)

SONY FE16-35mm F4のレンズ構成図とMTF曲線が流出

Zeiss_fe_16_35mm_sony_design_zpsb8c

Zeiss_fe_16_35mm_sony_mtf_zpsece609
Sony Alpha RumorsにFE16-35mm F4のレンズ構成図とMTF曲線が流出しました。

MTF曲線は絞り開放とF8のものです。比較対象にSAL1635ZのMTF曲線も貼っておきますが、周辺での急激な落ち込みもなくなかなかよいレンズかもしれません。今のとこFEマウントのズームは標準がイマイチなので、これがA7Rでも使えるレベルの解像度だと良いですね。
Sal1635z_002_2
via Sony
年内には出荷されるだろうとの予測が語られています。

そういえば先日某カメラメーカーの光学設計担当のエンジニアの方と話した時に、「フランジバックが短い方が広角レンズは設計しやすいんですよね?」と聞いたら、「設計しやすい面もあるが、逆に収差のコントロールは難しくなる」と言っていました。出たらdxomarkが早々にテストしてくれることを期待したいです。

http://www.sonyalpharumors.com/sr5-full-zeiss-16-35mm-fe-lens-mtf-and-design-graph/

2014年9月12日 (金)

ソニーがFEマウントの90mmマクロを16日の朝に発表予定

Sony Zeiss 16-35mm F4あたりと一緒に16日の早朝に発表するという噂が出ています。詳しいスペックについてはまだ不明のようです。

同時に35mm f1.4を発表するという噂もあるようですが、Zeiss LOXIA 35mm f2とSonnar 35mm f2.8がすでにあるので、本当だとしたら、ちょっと画角がかぶりすぎだと思います。FEマウントはレンズの絶対数が少ないんだからもう少しバリエーションを意識して欲しいですね。

ADs by Google



Ads by Amazon


  • ガラス越しの撮影に必須!


    3600万画素のミラーレス!


    便利で画質もOK!


    D810でも十分な解像度!


    究極画質のコンデジ!