2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

フジフィルム

2014年9月12日 (金)

写真家がフジノンAPDの優秀さを解説

動物写真家の小原玲さんが実際にフジノンレンズ XF56mmF1.2 R APDを試してきたそうです。
Xf56mmapd
このレンズはボケを美しくするために、アポダイゼーションフィルターを搭載しています。このフィルターの動作原理はボケ味が美しいことで有名なミノルタのSTFと同じなのですが、これをフジノンAPDはT値(実効F値)を2/3段しか暗くしないで実現しているとのこと。ミノルタのSTF135mm/2.8(T4.5)では1段半暗くなってたことを考えると、かなりの進歩のようです。

更にAFも使えるので、このレンズを使いたいがためにXシリーズのボディも一個追加しちゃう人もいるかもしれませんね。

http://reiohara.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/xf56mmf12-r-apd.html

2014年9月10日 (水)

米でFUJI X-100Tのプリオーダーが開始される

Screen_shot_20140910_at_143923
値段は約1300ドルです。日本での店頭予想価格は税別14万5,000円前後の見込み。1/32,000秒の電子シャッターは面白そうです。

http://www.amazon.com/Fujifilm-X100T-Digital-Camera-Silver/dp/B00NF6ZGY6/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1410325367&sr=8-2&keywords=Fujifilm+X100T

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140910_665839.html

富士がボケ味にこだわったf1.2のレンズを12月に発売

Xf56mmapd
富士フィルムがXF 56mm F1.2 R APDを12月に発売するそうです。アポダイゼーション(APD)フィルターを搭載して、ボケ味にこだわっているそうです。APDってボケが美しいことで有名なミノルタのSTFと同じ仕組のようですね。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140910_666057.html?ref=twitter

2014年9月 9日 (火)

X-T1にハローキティの限定モデル!?

10644925_779921188740080_8432894006

うひゃ〜醜い。流石にこれは無いでしょ・・・
よく読んでみるとやはりネタ画像のようです。紫の部分をピンクにしてボディを白にしたら可愛くなるかもしれませんね^q^

ADs by Google



Ads by Amazon


  • ガラス越しの撮影に必須!


    3600万画素のミラーレス!


    便利で画質もOK!


    D810でも十分な解像度!


    究極画質のコンデジ!