2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« D300S後継機は望み薄? | トップページ | タムロン28-300mm A010のテスト結果が掲載される。なかなか良さそうだ! »

2014年9月25日 (木)

キヤノンがいよいよ本当に高画素機を準備している?

イメージコミュニケーション事業本部長・真栄田雅也のインタビューが掲載されています。キヤノンの高画素機の噂は、ニコンがD800が出た直後から常にありましたが、一向に出ませんでした。ついにキヤノンの幹部の口から高画素機を近い将来リリースするとの発言が出ました。

Currently no Canon camera offers more than 22MP. Do your DSLR customers ask for higher resolution?

Yes. We know that many of our customers need more resolution and this is under consideration. In the very near future you can expect us to show something in terms of mirrorless and also a higher resolution sensor.

どうしても高画素が必要な人はすでにマウントチェンジしたような気もしますが、これはなかなか楽しみですね。またソニー製の1インチセンサーを採用したことを暗に認めつつも、自社のセンサーが一番優秀だと主張するあたりはさすがビジネスマンです。

インタビューアーは「ダイナミックレンジの面などでキヤノンのセンサーはソニーに負けている」とかなり聞きにくい質問をはっきりしていますが、「ダイナミックレンジ性能を低感度から高感度までの全体のバランスとして理解すると、我々のセンサーがベストだと思っている」と主張しているようです。確かに低感度は負けていても超高感度でのパフォーマンスはキヤノンのカメラは良いので、dxomarkのスコアは若干不利に出ます。高感度で撮っても大崩れしないのが強みなのでしょうが、逆に言うと基準感度で撮ることが圧倒的に多い人の場合は、他社のセンサーの方が良い、ということになりそうです。

« D300S後継機は望み薄? | トップページ | タムロン28-300mm A010のテスト結果が掲載される。なかなか良さそうだ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192300/60374004

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンがいよいよ本当に高画素機を準備している?:

« D300S後継機は望み薄? | トップページ | タムロン28-300mm A010のテスト結果が掲載される。なかなか良さそうだ! »

ADs by Google



Ads by Amazon


  • ガラス越しの撮影に必須!


    3600万画素のミラーレス!


    便利で画質もOK!


    D810でも十分な解像度!


    究極画質のコンデジ!