2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« D750の感度別画像が公開される | トップページ | D300S後継機は望み薄? »

2014年9月25日 (木)

液晶のないデジカメ、ライカM60についてライカ社主が語る

ライカM60はM型ライカ60周年の歴史を記念した限定モデル。背面には、液晶モニターの代わりにフィルムカメラのそれを連想する感度設定ダイヤルだけを配置したそうです。

一枚撮るたびに、液晶を確認する行為を英語では「chimping」と呼び、アマチュアっぽっくてカッコ悪いと考える向きがあるようですね。

風景はじっくりと撮れるときも多いので、私もチンピングします。目的は構図の確認ではなく、RGB別のヒストグラムと等倍でのピントの確認ですけどね。ま、このライカM60はそういうカメラではないのでしょうけど(笑)

しかし、決定的瞬間を狙う撮りかたの場合はなるべくチンピングはしないほうが良いでしょう。その場合はAF精度が高く歩留まりが良いカメラが良いですね。あ、このカメラMFか・・・w

他社が真似をすることはおそらく無いと思いますが、ライカだからこそできる面白いアイデアだと思います。

« D750の感度別画像が公開される | トップページ | D300S後継機は望み薄? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 液晶のないデジカメ、ライカM60についてライカ社主が語る:

« D750の感度別画像が公開される | トップページ | D300S後継機は望み薄? »

ADs by Google



Ads by Amazon


  • ガラス越しの撮影に必須!


    3600万画素のミラーレス!


    便利で画質もOK!


    D810でも十分な解像度!


    究極画質のコンデジ!