2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« CanonのAPS-C用パンケーキレンズの画像が流出 | トップページ | パナソニックLX100のデザインはLC1に似ている »

2014年9月12日 (金)

写真家がフジノンAPDの優秀さを解説

動物写真家の小原玲さんが実際にフジノンレンズ XF56mmF1.2 R APDを試してきたそうです。
Xf56mmapd
このレンズはボケを美しくするために、アポダイゼーションフィルターを搭載しています。このフィルターの動作原理はボケ味が美しいことで有名なミノルタのSTFと同じなのですが、これをフジノンAPDはT値(実効F値)を2/3段しか暗くしないで実現しているとのこと。ミノルタのSTF135mm/2.8(T4.5)では1段半暗くなってたことを考えると、かなりの進歩のようです。

更にAFも使えるので、このレンズを使いたいがためにXシリーズのボディも一個追加しちゃう人もいるかもしれませんね。

http://reiohara.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/xf56mmf12-r-apd.html

« CanonのAPS-C用パンケーキレンズの画像が流出 | トップページ | パナソニックLX100のデザインはLC1に似ている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真家がフジノンAPDの優秀さを解説:

« CanonのAPS-C用パンケーキレンズの画像が流出 | トップページ | パナソニックLX100のデザインはLC1に似ている »

ADs by Google



Ads by Amazon


  • ガラス越しの撮影に必須!


    3600万画素のミラーレス!


    便利で画質もOK!


    D810でも十分な解像度!


    究極画質のコンデジ!