2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 元ピンクフロイドのロジャー・ウォーターズがフー・ファイターズと共演 | トップページ | Radiohead TV出演(again) »

2011年10月 1日 (土)

SNSと重力と太陽系

アーティストが大成する上で、良い意味での面の皮の厚さみたいなのはすごく大事だとおもうけど、その一方で、繊細な感受性がないと大味なものしかできないような気もする。なので美しさと力強さを兼ね備えたアーティストは、傷つきながらも自己主張していく宿命なのかもしれない。盾になってくるような人がいると便利なんだろうけどね。 お金関係とか俗っぽいことをアーティストの代わりにやってあげるマネージャとか。イノセントでありつつも、社会で大成するというのはなかなか難しいかもしれない。

Hs200430aweb

周りを巻き込むエネルギーってのは大事だよね。それがないと本物とは言えないかもしれない。太陽と惑星、惑星と衛生みたいな関係ってのはあるよね。RADOHEADとか見てるとトムがジュピターで4人がガリレオ衛星に見えてくる。彼は太陽ってノリじゃないから。だけど間違いなく強い重力はある。

Syoki

重力ってのは物理的な法則としてだけじゃなくて、いたるところに偏在してるように感じる。たとえばTwitterとかGoogle plusみたいなSNSでもスタートダッシュしていっぱいフォローしてもらってるとフォローワーが勝手に増えていく。そのへんのことを良くわかってる人たちは、一生懸命スタートダッシュしてるんだろうけど。太陽系の発生初期に有り程度思い物体に宇宙のチリが集まっていって天体を形成していった、という話と似てる気がする。混沌とした時はチャンスで、安定してしまうと余程のことがない限り与えられた形から変化できない。

Tumblr_lsaldss9ll1r3pucwo1_500

これから世界経済なども含めて混沌とした時代になるかもしれないが、はっきりとヴィジョンを持って生きることが出来ればチャンスかも知れない。まぁ、自分が恒星、惑星、衛生、彗星のどれになりたいのかをまずはっきり決めておくのが大事かな。

« 元ピンクフロイドのロジャー・ウォーターズがフー・ファイターズと共演 | トップページ | Radiohead TV出演(again) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SNSと重力と太陽系:

« 元ピンクフロイドのロジャー・ウォーターズがフー・ファイターズと共演 | トップページ | Radiohead TV出演(again) »

ADs by Google



Ads by Amazon


  • ガラス越しの撮影に必須!


    3600万画素のミラーレス!


    便利で画質もOK!


    D810でも十分な解像度!


    究極画質のコンデジ!