2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 時代はクラウドレコーディング? | トップページ | ポール・マッカートニーがビートルズのカバーを依頼 »

2010年12月 5日 (日)

ビョークがカナダの大企業と喧嘩中



Björk Talks About Icelandic Energy Controversy

Björkがカナダの雑誌Maclean'sによるインタビューで、カナダのエネルギー会社MagmaのCEO Ross Beaty氏を非難したところ、Magma社がこの雑誌を名誉毀損で訴える構えを見せたため、雑誌は記事を撤回して大幅に修正したそうです。

Magma社はアイスランドの国営エネルギー企業HS Orkaを買収して、アイスランドで地熱関連のエネルギー開発を行うようです。この件についてPitchforkがBjörkにインタビューしたところ、Beaty氏は、ビョークが「彼が所有している他の会社が南アフリカで非人道的な会社運営をしているという噂もある」と言ったことを問題にして名誉毀損の構えを見せました。しかし、本当に隠したいのはMagmaが発表しているアイスランドでの地熱開発に関連する数値が嘘で、これをビョークにインタビューで指摘されたので名誉毀損を持ち出して記事を撤回させたのではないか、とビョークは睨んでいるようです。具体的にはMagma社は数千年間に渡って400メガワットのエネルギーを供給できると主張しているが、実際のところは150メガワットを50年程度しか供給できないと、ビョークが指摘したようです。

アイスランドではMagma社による買収に反対する署名運動が起こっていて、既に2万人を超える署名が集まっているとのこと。一方で、奇妙なことにMagma社のCEO Ross Beaty氏はHS Orkaの株式の一部をビョークに譲渡すると申し出たようです。

ビョークによると前作Voltaのテーマは正義で、それは今回のアルバムでもある程度踏襲され、この一件もアルバムにある程度の影響をあたえるのではないか、とのことです。ニューアルバムは2−3ヶ月内にも完成するとのことです。

日本でもJ-Powerの株式の20%をイギリスのファンドTCIが取得しようとしたときに、日本政府が買い増し中止勧告を出したことがありました。エネルギー産業は国家独立における根幹であり、アイスランドの人たちがナーバスになるのも分かります。しかも、今回は98%を取得してほぼ完全に子会社化するようですから尚更です。とはいえ、このような状況になってしまったのも、もともとはアイスランド国民が金融バブルに溺れて分不相応に巨大な借金をこしらえてしまったのが原因だとも言えます。日本も未だにバブルの後遺症を引きずっていますし、やっぱり地に足をしっかり付けて生きて行くのが一番ですね(* ̄ー ̄*)

« 時代はクラウドレコーディング? | トップページ | ポール・マッカートニーがビートルズのカバーを依頼 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビョークがカナダの大企業と喧嘩中:

« 時代はクラウドレコーディング? | トップページ | ポール・マッカートニーがビートルズのカバーを依頼 »

ADs by Google



Ads by Amazon


  • ガラス越しの撮影に必須!


    3600万画素のミラーレス!


    便利で画質もOK!


    D810でも十分な解像度!


    究極画質のコンデジ!