2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 宇多田ヒカルがクリスマスライブをUstreamで無料配信! | トップページ | 今は亡き盟友に捧げたビョークの新曲 »

2010年12月 7日 (火)

『未来への暴言』

GIGAZINEが10周年を記念して発刊する『未来への暴言』が本日発売になるようです。 掲載されている章は以下のとおり

◆layer01:「Knowledge Is Our Power」知識は我らの力なり
◆layer02:専門バカvsオタクの構図「専門バカになるな、オタクになれ」
◆layer03:「理性・知性・感性」のバランス
◆layer04:インターネットは「悪魔の道具」か「天使の羽根」か
◆layer05:YouTubeのみが真の「破壊的ビジネスモデル」
◆layer06:「個人の力の最大化」=「インターネット」
◆layer07:「フリー」のその先、無料戦略の次
◆layer08:ファンがパトロンになる「パトロンモデル」成立への道
◆layer09:しかるべき場所にしかるべき人を、職業選択の最適化
◆layer10:入試の時にパソコン持ち込み可・インターネット可であれば大学の教授はどういう問題を作るのか?
◆layer11:「文明社会でのサバイバル」を教えるのが学校
◆layer12:好きなことをしてメシを食う時代の到来
◆layer13:10人中9人に嫌われてもいいから残りの1人に興味を持ってもらう
◆layer14:著作権という概念の崩壊、ファイル共有ソフトは最終局面に
◆layer15:量から質が生まれる、大量にならなければ高品質にはならない
◆layer16:超少額決済システムを握ったところが最終的な勝利者に
◆layer17:インターネットの規則を考えるというのは世界の規則、世界のルールを考えるのと同じ
◆layer18:みんなのルールを決めるのは「政治家」ではなく「サイレントガーディアン」に
◆layer19:旧世代と新世代のかつて無いレベルの「激突」
◆layer20:インターネット上に出現する国家のカタチ、領域・人民・権力
◆layer21:結論:「無料であるものに対価を払う」という時代

Wiredの編集長クリス・アンダーソンは「ロングテール」や「フリー」でかなり話題になりましたが、日本のカウンターパート山崎恵人さんも一大センセーションを起こせるでしょうか?なかなか面白そうなので僕も読んでみたいです。ちなみに僕はずっとGIGAZINEをギガザインと発音していましたc(>ω<)ゞ

« 宇多田ヒカルがクリスマスライブをUstreamで無料配信! | トップページ | 今は亡き盟友に捧げたビョークの新曲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『未来への暴言』:

« 宇多田ヒカルがクリスマスライブをUstreamで無料配信! | トップページ | 今は亡き盟友に捧げたビョークの新曲 »

ADs by Google



Ads by Amazon


  • ガラス越しの撮影に必須!


    3600万画素のミラーレス!


    便利で画質もOK!


    D810でも十分な解像度!


    究極画質のコンデジ!